初デートの会話!高校生ならこれを話そう

人生において
初めてのことって
とても記憶に残りますよね。

初めてのお使い
初めての食事
初めての・・・

なかでも、初めてのデート
たぶん、人生でも
忘れられないくらい
インパクトがあるものになるでしょう。

だからこそ、成功させたいと願うし
緊張もしますよね。

そして、デートの日を決めたはいいが
当日何を話せばいいんだろうと、
不安になる気持ちもわかります。

会話がはずまず、沈黙が続いたら
フラれるんじゃないか、そんなことを
心配してしまう気落ちも痛いほどわかります。

そこで今回は、
初デートの時に話す会話の、
参考になればと、
デート時に使える会話ネタをお伝えします。

なお、多くの人にとって、
人生の初デートというイベントは
高校生の時だろうとおもいますので、

「初デートの会話!高校生ならこれを話そう」
題してお送りします。

初デート 高校生 会話 PAK99_datesuruhutari20140301-thumb-1000xauto-16754

待ち合わせ場所での会話

当日、待ち合わせ場所に
やってきた彼女。

最初の第一声で
その日の、成功率が大きく変わります。

では、何を話せばいいのでしょう。

まずは、褒めてテンションを上げるところから
スタートしましょう。

普段、制服の姿しか見ていなければ
彼女の私服を見るのは初めてかもしれません。

そこで、私服のセンスについて
ほめてあげるのが鉄板です。

あ、私服のセンスいいね!

みたいな、かんじで声をかければ、
それで嬉しくない女性はほぼいませんので、
一気に雰囲気がよくなります。

なお、とてつもなく服のセンスがない
女性もなかにはいますので、
あんまりにも残念な服装だったら
別なところホメましょう。

待ち合わせ場所の会話2

「じゃ、いこうか」

向かう場所は、デートプランにより
さまざまですが、
目的地に向って
歩きだし始めてからが
デートの本番です。

歩きながらの会話で
何を話せばいいのか?

結論から言うと
正解はないです。

人によるので、
この話をすれば絶対盛り上がる
みたいな魔法の話題はありません。

ありませんが、学生同士なら、
やっぱり鉄板は学校関係の話でしょうね。

・クラスメートの話

・先生の話

・共通の友達の話

学校を離れた、
休日の私服デートのときは、
普段の学生生活を、客観的に
見てネタにできるいい機会です。

普段校内では言えないことも
どんどん話して、
特別感を演出しましょう。

デートスポットでの会話

高校生のデートですから、
あまりお金はかけられないと思います。

僕が高校生だったころは
映画館とか、カフェとかいってることが
多かったですね。

でも、思えば
公園とか自宅とか
全然お金のかからないデートも多かったなーと
今思い出しました(笑)

とはいえ、自宅デートだと
話がすすまないので、
今回は、映画館に向う設定とします。

映画館デートには以下のメリットがあります。

・非日常空間を共有できるので、親密感がます

・映画の上映中は話さなくていいので、会話が苦手でも気が楽

・映画を観終わったあと映画をネタにおしゃべりができる

・恋愛系の映画なら、いいムードになれる

・がんばったら、暗い館内で手をつないだりできる

逆に、リスクもあります。
最大のリスクは

・映画自体がつまらないかもしれない

という、可能性があること。
映画がつまらないと、
そのあとの、会話もちょっと重くなりがち。

事前に、口コミを聞いたり
レビューをよく見たり、
相手の好みにあっているか?をリサーチして
なるべく、すべらない映画を選びたいところですね。

映画館を出た後の会話

映画館をでたら、
その後カフェかごはんに
向かうパターンが考えられます。

その時に話す会話は
基本的には、
映画から派生した話題が鉄板です。

で、その時に
注意したいのは、
映画の評論家になってはいけない、ということ。

これ非常に重要です。

作品の評論を話すのではなく
相手がどう感じたか?にフォーカスして
会話をするのです。

たとえば、こんな感じ。

<悪い例>
「今回のジョニーデップの役はいまいちだね。
もっと、アクションシーンが多かったらもっとよかったのに。
やっぱり監督が●●だと、ストーリーがいまいちで
うんぬんかんぬん・・・」

<良い例>
「今日の映画、どのシーンが好きだった?」
「俺は最後のあのセリフにぐっときたなー」

ポイントは、「いい悪いではなく
好き嫌いで会話をする」こと。

僕等は、映画の評論家ではないので
作品の良しあしを論理的に論じることは
好ましくありません。

なぜかと言うと、
それをやってしまうと、
相手と評価が分かれたときに
ちょっとした口論っぽくなるからです。

でも、映画なんてのは
好みがあるので、
ある意味で料理みたいなものです。

美味しいかどうかは
その人の感じ方次第ということ。

自分がおいしいと感じなくても
相手はおいしいと感じたのなら
相手にとってその料理は
「美味しい」のです。

同じように、本人が面白いと感じたら
世間の評価が駄作の映画も
おもしろい映画になるし、
本人がつまらないと感じたら
いくらアカデミー賞受賞作でも
つまらないのです。

尊重すべきは
相手の気持ち。
相手がどう感じたか?

で、その感じた気持ちに対して
会話をふくらませるようにしましょう。

恋を加速させる会話

これは、ちょっと大人な要素ですが、
高校生とはいえ、
出来れば、男と女の
関係にすすめていきたいですよね。

高校生だとお酒はルール上
NGですから、
お酒にはたよれません。

なので、うまく
女性をロマンティックなムードに
誘う必要があります。

これは、いろんなテクニックがあって
話しだすと、大変
ボリュームがあるので、
詳細は次回以降に譲りますが、
最大のポイントは

「自然にキスができるムードを作る」会話を
することです。

まとめ

さて、今回は
「初デートの会話!高校生ならこれを話そう」
題して、初デートをシュミレーションしながら
会話のヒントをお伝えしました。

いかがでしたか?

なんだかんだって、
最初はそう、うまくはいかないと思います。

どんなに準備をして臨んでも
緊張して、うまく話せないとか
とんでもない醜態をさらす、とか
デートにアクシデントはつきものです。

なので、最後に
心構えとして、
以下をご紹介します。

・意気込みすぎない

・焦らないで流れにまかせる

・失敗だって楽しむ

是非、素晴らしい初デート
楽しんでください。

スポンサーリンク
横長アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
横長アドセンス