クリスマスに初デート!の2人が盛り上がる会話術

もうじき、クリスマスですね。

もう、今年も終わりに近づいているのですね
早いなぁ。

さて、クリスマスといえば、
1年でもっとも、
ロマンティックな日であり
残酷な日でもあります(笑)

会話が苦手な人ほど
恋愛も苦手になりがち。

結果、一人きりでクリスマスを過ごすことになる
人も多いですよ。

最近では、そういう人を
クリスマスぼっち、略して、「クリぼっち」って
言うみたいです。

なんか、スーパーマリオの敵みたい(笑)

とまぁ、まだまだ時間はありますので、
まだお相手がいない人は
残された時間を有効に使って
飲み会なり、パーティーなり、
合コンなり、お見合いなりで、
最後の悪あがきを、一緒にしましょうよ。

では、今回は、クリスマス当日までに
お相手が見つけることを前提に

クリスマスに初デート!の2人が
盛り上がる会話」と題して、
思い出に残る日にするための
会話術をご紹介します。

jpg 初デート クリスマス 会話  Clintchristmas-present-83119_640

クリスマスに初デートの会話

まず、クリスマスだからと言っても
話し方のコツや、会話のコツ
変わることはありません。

基本的に
コミュニケーションの原則である
「相手をいい気分にさせる」
「相手を楽しませる」ことが
一番大切です。

とはいえ、せっかくのクリスマス。

今日、この日にしか使えない武器が
いろいろありますので、
そのあたりを活用した
初デートに効く会話術を見ていきましょう。

第一印象を聞く

まず、初デートの場合は
クリスマス以前に、
お互いのことを話題するところから
スタートしましょう。

その時、話題にしやすいのは
お互いの第一印象について
ですね。

第一印象をフレッシュな気持ちで
語り合えるのは
やっぱり初デートのメリットです。
「どう思った?」
「普段とイメージが違うね」
「こういう服きてる人好きなんだ」

共有するべきは、
お互い、
「初デートって新鮮だよね」
っていう気持ちです。

だって、初デートであることは
お互いの確実に共通する
事実ですから
使わない手はありません。

コミュニケーションの基本は
共通点探しです。

まず、そこを意識しましょう。

イルミネーションを話題にする

クリスマスシーズンで
素敵なのは
街がイルミネーションで
飾られることです。

もちろん、
住んでる場所によっては・・・

「オラの村にそんなもんはねーだ」

っていう、方もいるかもしれないですが(笑)
東京近郊にお住まいの方なら
ご存じのとおりです。

六本木ヒルズのあたりとか
結構すてきな
イルミネーションが見られますよね。

ですから、
普段は見ることのできない
光の芸術に目を向けて
会話をするのがおすすめです。

女性はきれいなものがすきですから、
ちゃんとしたイルミネーションだったら、
まず、間違いなく食いつくはずです。

「綺麗だね」

ていう価値観を共有することで、
2人の距離が近づいていきます。
で、ここからは、余談ですが、
以前冬に博多に遊びに行ったことがあるんです。

そしたら、JR博多駅前の
イルミネーションが
東京以上に、豪華で綺麗で
驚いた記憶があります。

食べ物もおいしかったし、
その時、博多の女の子を
なかよくなったし。(ナンパ)

博多いいですよね。
また、行きたいなー。

時間とお金に余裕のある人は
博多まで足を伸ばして・・
という、デートも個人的におすすめです。

子供の頃クリスマスをどう過ごしたかを聞く

以前の記事でも
紹介したかもしれませんが
初対面の人と仲良くなるために
もっとも効果的なのは
子供の頃の話をすることです。

で、同じ共通する出来事や
価値観を見つけることです。

もし、それができたら
昔からの友達だったかのように
深い関係になれます。

ただ、このテクニックにも
弱点があります。

それは、
「いきなり子供の頃の昔話を聞くと
唐突な印象をあたえる」ってことです。

出会ってすぐ、
初対面なのに、
「9歳くらいの頃どんな子供でした?」
とか、言われたら
さすがに、びっくりします。

「え、なんなの?」「狙いはなに?」
みたいに、思われること
まちがいなし(笑)
だから、
このテクニックを使うときは、
直近の話から初めて、
徐々に過去にさかのぼっていって
子供の頃まで、たどり着くという
プロセスを踏む必要があるんです。
時間軸でいえば、

最近のこと⇒ちょっと前のこと⇒大学生の頃のこと
⇒高校生時代⇒中学生時代⇒小学生時代⇒幼少期・・・

みたいな、ことです。

要するに、ステップを踏んで
たどり着くわけです。

でも、クリスマス
このステップを
すっとばすことができます。

なぜなら、クリスマスって
子供にとっての一大イベントだからです。

だれしも、子供の頃
サンタさん
プレゼントをお願いした
という経験があります。

それは、とても
楽しい思い出ですよね。

きっと、人に話たりするのも
楽しい気分で、できる思いでが
誰しもいくつかあるはずなんです。
それを初デートで
使わない手はないですよ。

「君のうちではクリスマスはどう祝ったの?」
「僕が最初にサンタさんにもらったプレゼントは●●で・・」
「子供の頃、うちでクリスマスパーティーした時
こんなことが起こってさ・・・」

ね。
たくさんネタが出てきます。

この、「子供時代+クリスマス」の
思いでを共有して
仲良くなれるのは
クリスマスならではです。

聖なる夜の裏ワザ

さて、初デートもいよいよ終盤。

いくら、イルミネーションや
子供の頃の話で
盛り上がって、
とっても仲良くなれても、
男性が求めているのは
それだけじゃーありません。

やっぱり、大人のクリスマスは
夜をどう過ごすか?もとっても大切。

こんなときも、普段のデートでは
使えない武器が
年に1度のクリスマスには
使えるんです。

さて、そのテクニックとは・・・

何かにつけて、

「クリスマスだから・・・」

と、理由づけをする。

はい、とっても単純ですね(笑)

たとえば・・
キスをしたい。

でも、初デート。
なかなか踏み込めない。

みたいな、葛藤が
男性の頭の中ではあります。

そんなときは、
「この日だから、特別だよ」
的な空気を作って
ちょっとづつ、踏み込んでいきます。

もちろん、相手の反応も見ないで
いきなりキスするとかは
だめですよ。

女性は、OKの時は
何かしらサインをだしますので、
原則は、そのサインが出るのを待ちます。

で、そのサインを引き出すために
ちょっとづつ、
距離を近づけるようなことをしていきます。

まずは手を握るとか
肩を抱くとか
腰に手をまわすとか

でですね。
相手が許容してくれる
一番ぎりぎりのラインを見極めて
攻めます。

で、そのとき、
女性がちょっと微妙な反応をしたとき

「普段なら、こんなこと
しないんだけど、クリスマスだから・・」

みたいな、言い訳にするんです。

なんだかんだで、
女性はそれっぽい理由を言われると

「まぁ、クリスマスだから、、いっか」

みたいな、気分になることが多いです。
「特別な日だから」とか。

ぶっちゃけ、日本人は
仏教徒でもクリスマスを祝うみたいな
適当な民族なので

「特別もなにもねーだろ」

って、感じもするんですが、
女性はそういうのが好きなんで
しょうがないです。

是非、聖なる夜という
大義名分を活用しましょう。

まとめ

さて、いかがでしたか?

今回は
クリスマスに初デート!の2人が
盛り上がる会話術」と題して、
話し方のコツをお伝えしました。

なお、後半は
会話の域を超えて
ちょっと、口説き方講座みたいに
なっちゃいましたが、
クリスマスということで、ご愛嬌(笑)

是非、素敵な夜を過ごせるように
がんばりましょう(^^)

スポンサーリンク
横長アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
横長アドセンス