会話ネタアプリをインストールしてみた!「ぶっちゃけどう?」

会話 ネタ アプリ a0002_010335

「会話のネタは
どこに落ちているんだー」

そう嘆く人が後を絶たないほど
会話のネタって、なかなか見つかりません。

とくに会話が苦手な人ほど
ネタ探しには、苦労しちゃいますよね。

しかし、実は
今の時代、それも
スマホアプリが解決してくれるみたいです。

僕が調べてみたところ、
会話のネタを提供してくれる
アプリがいくつか存在します。

そこで、僕も早速インストールして
使ってみました。

そこで、今回は、
「会話ネタアプリをインストールしてみた!
『ぶっちゃけどう?』」と題して、
使えるのかどうか検証します。

僕のスマホ環境

ちなみに、僕が使っているスマホは
ドコモのiPhone5Cです。

そろそろ、
6がほしいなーと思いつつ、
iPhone5Cのおもちゃみたいな
可愛さがすてられずにいます。

で、今回インストールしたアプリは
会話ネタアプリ「モテトーク」って
アプリです。

▼これ!

なお、iPhoneだけじゃなく、
Androidでも使えるみたいなので、
ご安心ください。

提供元は
LINKBAL INC.ってところでした。

無料アプリなので、
気軽に試せるのもいいですね。

会話ネタアプリの活用法

では、実際つかってみた感想です。

使い方は簡単で
アプリを起動すると、
ふきだしに
適当な会話のネタが表示されます。

で、画面をフリックするたび
別なネタにチェンジしていけます。

ネタはすべて
質問形式になっていて、
以下のような感じです。

「雨の休日はどんな風にすごす?」

「最近読んで面白かった本はある?」

「昆虫触れる?」

実際の画面のイメージは
上記のYoutube動画をみて
いただくとして、
気になった点をあげていきます。

アプリの話題の一例

これは使えそう!と思った
話題の振り方を紹介します。

「会社帰りに電車乗り過ごしたことある?」

「どこの国の料理が好き?」

「パクチー食べれる?」

「明日死ぬとしたら何して過ごす?」

「どんな部活入ってたの?」

このあたりは、結構使えるかな。

なお、実際に使う時のポイントは、
単なる質問だけで
終わらせないこと。

とくに、質問する前に
自分のエピソードを軽く紹介する
いいです。

「僕、パクチー好きすぎて
どっさり入れる派なんだけど、
パクチー食べれる?」

みたいな、感じです。

別な活用法

このアプリ、
話題の振り方を
提案してくれるだけじゃなく、
その質問への回答例も
見れる機能がありました。

やり方は、

「まちお」と名づけられた
クマのキャラクターを
タップするだけ。

▼こいつ
会話 ネタ アプリ 0 x0ss-8515

すると、「まちお」君が
質問への回答例をはなします。

実際には、こんな感じ。

話題「携帯の充電しっかりしてる?」

まちお『ぎりぎりで生きてるよ!』

話題「すきな車は何?」

まちお『ブルドーザー』

上記のように、
やりとりが見られます。

中には、まったくつかえねーって
返しも多いのですが(笑)

たまに、すごくいい返しをしている
ケースもあります。

その時は、そのまま
パクるのもありだと思います。

ユーモアのある
回答の仕方をストックする意味でも
まちおの答えは結構、役立ちます。

おまけ

また、たまに画面に出現する
うさぎのキャラクターもいます。

「うさぴ」と名前がついた
このキャラクターをタップすると、
ちょっとした
トークレッスンが受けられます。

たとえば、こんな感じ。

「『宗教』の話は初対面では
避けたほうがいいわ。
信仰は人それぞれだから、
理解できないことも
あるからね。」

意外と、正論を言ってます(笑)

余談ですが、
政治・宗教・野球は
初対面での3大NGテーマと
言われているので、
覚えておきましょう。

まとめ

さて、
会話ネタアプリをインストールしてみた!
『ぶっちゃけどう?』」と題して
会話ネタアプリ「モテトーク」を検証してみました。

結露としては、
無料だし、面白いんで
1度試してみてもいいんじゃないかなって感じです。

その場にいると、
意外と質問って思い浮かばないものですが
こういうヒントがあれば
初対面の会話も、
スムースに乗り切れるかもしれません。

ただ、注意点ですが、
アプリが提供する話題だけ
使ってればいいや、というものではなく、
あくまでも、ヒントとして
使うことが大切です。

相手によって、最適な話題は
変わりますから、
アプリだけに頼るのはよくないです。
ちゃんと、相手をリサーチして
相手に刺さる話題を提供するのが
第一で、それでも、話題に困ったら
使う、くらいのスタンスで活用しましょう。

スポンサーリンク
横長アドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
横長アドセンス