コミュニケーションの教科書

雑談が苦手な人・会話が続かない人必見! 口下手を克服する方法をはじめから丁寧に学べる 会話とコミュニケーションの教科書です。

会話が続かない人が試すべき5つのこと

   

会話が続かない人 stop-1013961_960_720

会話が続かないことで
悩んでいる人はおおいですよね。

 

どうやったら、会話が弾むのか?

今回は、会話をはずませるコツについて
お伝えします。

会話が続かない人はこんなに損してる

 

会話が続かないことで
どれだけ損をしているか
考えたことがありますか?

 

会話が続けられなかったことで、
恋も仕事も、
ほんとうは手に入れられたはずの
成果を、みすみす逃してきたかもしれません。

会話を弾ませられるメリット

 

実は、楽しく会話ができる相手に
私たちは好意を持つようにできています。

 

これは、仕事でもそうですし、
恋愛でも当てはまります。

 

あなた自身、過去を振り返ると
楽しく話ができたな、と思う人に
いい印象を抱いてきたと
おもいませんか?

 

であるならば、
相手に好きになってもらうために
会話を弾ませる努力を
しようと、思うのではないでしょうか。

会話を弾ませるコツ

 

相手とテンポを合わせて質問で会話を広げる

 

会話を弾ませるには、
まず、話すリズムやペースを
合わせるようにします。

 

ゆっくりな人にはゆっくり。
早口なひとには、早口で。

 

これは、心理学の用語で
「ミラーリング」と言いますが、
相手に同調することで、
親しみをもってもらいやすくできます。

 

次に、注意すべきが
「質問」です。

 

質問が会話の鍵を握る、というのは
以前の記事でもかきましたね。

 

会話においては、
質問をする側が主導権を握ります。

 

心地よい会話をするコツ

会話のテンポを合わせる

 

ミラーリングのポイントは
テンポを合わせることですが、
もし可能なら、さらにワンランク上の
テクニックもマスターしましょう。

 

どうするかというと、
会話のペースだけではなく、
うなずき方やしぐさまで真似ます。

 

相手をうつしだす鏡のような
存在になるのです。

 

そうすることで、相手は
あなたに対して、
「自分に似ているな」という
印象を持ちます。

 

以前の記事でも書いたように、
人は、似ている人をすきになります。

 

共通点がみつかる程、
仲良くなりやすいのです。

 

ですから、会話のテンポを合わせた後は
体のテンポにも、気を付けましょう。

楽しそうに話す

 

会話の内容も大切ですが、
話すときの態度も
同じくらい重要です。

 

楽しそうに生き生きと
話している姿を見せれば
相手の目には
あなたのことが
とても魅力的に映ります。

 

極論、つまらなさそうに、
すべらない話をするより
しょうしょう退屈な会話を
楽しそうに話されたほうが、
人は、心地よく感じるのです。

自分ばかり喋らない

 

慣れない相手に対しては
あせって自分ばかりが
話してしまいがちです。

 

ですが、相手に「楽しかったな」
「盛り上がったな」と
思ってもらうためには
相手にたくさん話してもらうことが
一番大切です。

相手にリアクションをする

 

相手に対して
リアクションをするのも大切です。

 

まず、相槌をしっかり打ちましょう。

 

相手の発言をまとめたり、
繰り返したりするのも
「話をきいているよ」という
サインになりますから、
積極的にオウム返しをしましょう。

 

ポイントは
プラスの感情をひきおこす
リアクションをすることです。

相手に質問をする

 

相手が話した内容について
うまく質問ができれば
それで会話を広げられます。
一番簡単なやり方としては
相手の質問をそのまま返すこと。

 

単純ですが、すごく効果があります。
たとえば、
相手:「好きな映画はなんですか?」

自分:「スターウォーズの大ファンなんですよ。あなたは?」
こんな感じで、
質問された時は、
自分の感想をいうのにプラスして
相手にも同じ質問を投げかけましょう。

 

そうするだけで、会話はつづきます。

まとめ

 

 

さて、いかがでしたか?

今回は、
会話が続かない人が試すべき5つのこと
と題して、会話を弾ませるコツについて
お伝えしました。

 

会話が続かない人は、
気の利いたことを
言おうとし過ぎる傾向があります。

 

たしかに、ユーモアあふれる
切り返しができれば
知的な人に思われたりできますが、
それはなかな難易度が高いです。

 

まずは、簡単なことから、
マスターして、徐々にレベルアップするのが
大切です。