コミュニケーションの教科書

雑談が苦手な人・会話が続かない人必見! 口下手を克服する方法をはじめから丁寧に学べる 会話とコミュニケーションの教科書です。

コミュ障の男性の特徴&克服法『女性に避けられないために!』

      2015/11/03

コミュ障だって、男なんだ!
彼女も欲しけりゃ、結婚もしたい!

 

そんな当たり前の話ですが、
あなたがコミュ障だった場合、
その当たり前も難しいものに
なったりしますよね。

 

とくに、女性は
男性を見抜くことにかけては
超がつくほど、長けています。

 

相手にコミュ障だと悟られた瞬間
恋愛対象から削除されて
しまうことになるでしょう。

 

そう。コミュ障の男性には
共通する特徴があるので、
女性の目は、それを見わけて
しまうのです。

 

でも、大丈夫。

 

逆に言えば、その特徴を
相手に見せなければ
きっとやり過ごせます。

 

ただ、コミュ障の人は
「俺ってコミュ障だよなー」
って自覚があっても、
具体的に、その特徴については
明確に理解していなかったりします。

 

そこで、今回は、
コミュ障の男性によくある特徴について
取り上げたい思います。

 

そして、どうやったら
そのコミュ障の特徴を
克服していけるのか?についても
一緒に考えていきましょう。

 

コミュ障 男 特徴 shadow-824128_640

コミュ障の男性によくある特徴

 

今回はネットで
コミュ障の人が自己申告していた
内容をもとに、以下のような
特徴をピックアップしてみました。

 

・人に話しかけると挙動不審になる。
・返事が「あ、ええ、はい」って感じで会話が全く続かない。
・3人以上になると完全に空気

人に話しかけると挙動不審になる。

 

「挙動不審」

 

これは、コミュ障の特徴の中でも
もっともやっかいな特徴です。

 

なぜなら

 

女性は、男性が
おどおどしている姿を見ると
一気に魅力を感じなくなるからです。

 

なぜでしょう。

 

それは、女性は男性に
男らしさを求めているからです。

 

男らしさっていうのは、
いろいろなポイントがありますが、
以下に重要な点を挙げます。

 

・どっしりしている
・落ち着いている
・力強い

 

イメージとしては
サバンナを悠々と
歩く、ライオンのような姿ですね。

 

女性は、上記のような姿を
男らしいと感じ、
逆に、落ち着きがなく
せかせかして、あせってる姿をみて
相手を値踏みするのです。

 

なお、この挙動不審を
克服するポイントは
ボディランゲージの特訓にあります。

 

会話が苦手とか、話し方が下手であるとか
以前に、動作が安定しないことが
挙動不審に思われる
最大原因なのです。

 

なので、この原因を取り除く
特訓方法を以下にご紹介します。

 

なお、余談ですが、
どうして挙動不審になるかというと
心の平静が保てていないためです。

 

これは、以前の記事の
「コミュ障の負のスパイラル」の
なかでも説明した件ですが、
過去の失敗体験が
イメージされてしまうからです。

 

今まで、会話での成功体験がなく、
つねに、嫌な思いをしてきているため、
「会話」自体に、ネガティブな
イメージが定着してしまっていて、
それが、無意識のうちに影響します。

 

ボディランゲージの具体的な対策

 

これは、モテる男性の姿を見て
とにかく研究する。

 

そして、真似して
ちょっとづつでも
近づけていくしかありません。

 

もっとも効果的に
真似をするなら、
まず、ハリウッド映画を
1本借りてきます。

 

ジャンルは恋愛ものです。

 

なぜ、ハリウッド映画がいいかというと
ボディランゲージのレベルが
世界一だからです。

 

映画の世界は、
そもそも、世界最高峰の
美女やイケメンが活躍する
場所ですが、
実は、それは顔やルックスだけにとどまりません。

 

煙草を吸うしぐさ
女性を誘うしぐさ
キスをするしぐさ

 

その演技一つ一つ、
すべてが、計算しつくされているのです。

 

美しく、絵になるように
俳優や監督が
身を削る思いで、細心の注意を払って
作り上げているのです。

 

その映画という、最高の舞台の
もっとも権威のあるスタジオ
それがハリウッドです。

 

だから、ハリウッド映画に
学ぶのが一番いいのですね。
もし、映画の主人公が
コミュ障で、おどおどしてたら
嫌ですよね(笑)

 

気になって、
ストーリーに入りこめません。

 

なお、俳優の中でも
もっとも女性をうっとりさせる
演技をすることで、有名なのは
リチャード・ギアですので、
彼の出演している作品を
借りてくるのがおすすめです。

 

返事が「あ、ええ、はい」って感じで会話が全く続かない。

 

次の特徴
会話が続かないことです。

 

これは、わかりやすいですね

 

嫌な沈黙が流れる時、
なんで俺はコミュ障なんだろうって
自問自答してしまうのは
あなただけではありません。

 

ですが、会話はコツさえマスターすれば
いくらでも上達できます。

 

この会話が続かない原因はシンプルです。
今まで、体系的に学習したことがないからです。

 

たとえば、因数分解の仕方は
学校で教わります。

 

先生から、
教わらないと、絶対に解けなかったと思いますが
教わっているので、とけるようになりました。

 

でも、会話の仕方ってどうでしょう?

 

教えてもらえませんよね。

 

なんてゆーか、
勝手に体得してくださいね!
って感じで、
放置されたと思います。

 

ここで、センスが差を分けるのですが、
会話のセンスがある人は
この放任教育の中でも
上達するんです。

 

学校ないの人間関係や
家族とのやりとりの中で
自分なりの会話法を
独学で身に着けていきます。

 

会話に対する自己学習力が
高いということが言えます。

 

いっぽう、会話に対する
自己学習能力が低い人も
いるわけです。

 

それが、俗にいう
コミュ障に、なっていくのですね。

 

なお、会話もスキルですから、
簡単なことから学び直せば、
会話が続かないことについても、克服できます。

 

なお、いろいろ方法があるのですが、
今回はそのうちの一つを
お伝えします。

キーワードミラー話法

 

おすすめは、キーワードミラー話法です。
※僕のオリジナルメソッドです

 

キーワードミラー話法とは
話しかけられた言葉の
キーワードを拾って、
鏡のように相手にそのまま
返すというものです。

 

たとえば、冒頭にあった
「あ、ええ、はい」みたいな返事で
終わってしまう会話を
続けることができます。

 

例をあげましょう。

 

相手:「今日は一段と寒いですね」
自分:「あ、ええ、はい」
両者:「・・・」

 

これを、キーワードミラー話法で
対応すると、
こんな感じになります。

 

相手:「今日は一段と寒いですね」
自分:「ほんと寒いですねー。今日は一段と。」

 

これ、文章にすると
わかりやすいのですが、
ほとんど自分で言葉を変えていませんよね。

 

なんか、相手が行った言葉を
ちょっと順序を変えて
繰り返してるだけです。

 

でも、「あ、ええ、はい」と答えるより
遥かにスムースなコミュニケーションになります。

 

ポイントは、相手からもらった
「寒い」というキーワードで、
返してるところです。

 

簡単にできて、効果は絶大ですから、
是非、試してください。

3人以上になると完全に空気

 

3人以上になるとほぼ空気。

 

1対1の会話なら
なんとかなっても
複数の会話になると
お手上げ・・・という特徴は
コミュ障男性ならでは。

 

これは、以前書いた以下の記事が
参考になります。

 


集団の会話が苦手な人へ【必読!】克服への3つのポイント

 

まとめ

 

さて、いかがでしたか?

 

今回は
コミュ障の男の特徴&克服法
と題して、以下3点をとりあげました。

 

・人に話しかけると挙動不審になる。
・返事が「あ、ええ、はい」って感じで会話が全く続かない。
・3人以上になると完全に空気

 

他にもいろいろ特徴はあるので、
また次回以降の中でも
特徴&克服法はご紹介したいと思いますが、
一番声を大にして言いたいのは
克服できない問題はない!ということ。

 

前向きに、取り組んでいきましょう。