コミュニケーションの教科書

雑談が苦手な人・会話が続かない人必見! 口下手を克服する方法をはじめから丁寧に学べる 会話とコミュニケーションの教科書です。

『デート中の会話がつまらない!』と言われないための心得

   

デート 会話 つまらない TAN_aozametadansei-thumb-autox1000-13920
「うぅ、死にたい!」

 

男には
女性から言われたら
「死にたい!」

 

という気持ちになる
絶望フレーズがいくつかあります。

 

その中でも、

 

『あなたといても
デート中の会話がつまらないのよ!』

 

と言われることは
最大の恐怖の一つです。

 

そこで、今回は

デート中の会話がつまらない!』と
言われないための心得」と題して、
面白い男になる方法を
お伝えします。

 

なお、今回は
以下の本を参考に
させて頂きました。

 

著者の吉田 照幸氏は
「あまちゃん」など
ヒット連発してきた
NHKのディレクターです。

 

ドラマの他、
多くのコントも制作してきたようですので、
おそらく、数多くの
「面白い人」に会われてきたのでしょう。

 

その中で、
共通項をまとめ、公式化したのが
本書というわけですね。

 

シチュエーション別に
ウケる話し方をサンプルをあげているのですが、
デート編もちゃんと用意されています。

■参考図書

食べログでは「ランキング」よりも「コメント」をチェック

 

 

デートの定番といえば、食事。

 

そして食事で失敗しないためにも
お店選びを
しっかりしましょう、
ということは、このブログでも
口をすっぱくして言ってきたことです。

 

で、その時に
お店のリサーチに
もっとも頼りになるのが
食べログです。

 

ちょっと前に
ステマ疑惑で
口コミの信頼性が
やや揺らいだ時期もありましたが、
今は、携帯電話で
認証をとったりして、
信頼性が回復されてきています。
さて、多くの人は、
ランキングが高いところを
選んでおけば、安心だろう、
と順位だけで決めてしまいがちですが、

 

本書では、
「ランキングよりコメントを
チェックせよ」と指南しています。

 

これを見て、
ほほー、なるほど。
と思いました。

 

たしかに、口コミを
しっかりチェックすることは
とても意味があります。

 

1つは、
ちゃんと、ランキングや
星の数には表れない
お店の実力を測るという点。

 

やはり、僕等は
食べ物を胃袋に収めるためだけに
レストランに行くわけではありません。

 

そこで受けられる
サービスの質や
お店の雰囲気など
総合的に、価値を判断します。

 

ですから、数値だけでは
見えてこないレビューに
目を通すことで
実際に、利用したときの
イメージをつかむことができます。

 

また、口コミをチェックする
もう一つのメリットには
お店のエピソードを事前に
インプットできることが
あげられます。

 

実は、料理の味は
事前の情報で変わります。

 

どういうことでしょう?

 

たとえば、
何の情報もなしに、
だされた料理を食べるのと、

 

「これはね、ミシュラン3つ星レストランの
総料理長が20年の月日をかけて
完成させた一品なんだよ。」

 

みたいな、事前情報をインプットしたうえで、
食べるのでは、
同じものを食べたとしても、
感動の幅が異なります。

 

美味しいのは当然のことながら、
その料理を食することへの
価値が上がります。

 

そして、レビューには
そういったエピソードが
ふんだんに書かれています。

 

ですから、事前にその情報を
頭に入れておいて、
デート当日、彼女に
さらっと伝えると
デートの価値をあげることができます。

 

さらに、そのエピソード自体が
話のネタになるので、
会話にも困らないという
一石二鳥の方法なんですね。

 

話題は「an-an」で見つける

 

 

本書では、話題を「an-an」で
見つけることを推奨しています。

 

僕の会話メソッドでも
女性誌から話題を見つけることを
提案していますが、
「an-an」に限る必要はないですね(笑)

 

だって、
相手が「an-an」を読んでいなかったら
共通の話題にならないんだもん。

 

だから、一番いいのは
デートをする相手から
事前に情報をもらっておくことです。

 

本人が無理なら、
友だち経由とかでリサーチします。

 

また、それも難しければ
相手のファッションなどから
普段読んでそうな雑誌を
探します。

 

ファッションには
傾向があるので、
表紙のモデルのコーディネートとかをみたら
ちかい世界観の雑誌が
見つかると思います。

 

どう考えても、
清楚なお嬢様系の格好をしている人が
eggみたいなギャル系雑誌は
読んでません。

 

ですから、なんとなく
このあたりかなー、という雑誌を
見つけて、それを買います。

 

もし、それでも
わからなければ
最大公約数的な
話題のソースとして、
「an-an」でもいいですけどね。

 

なお、余談ですが、
僕もこのメソッドを
活用していますが、
いまだに、女性誌コーナーで
うろうろするのは
ちょっと勇気がいります。

 

周りの女性たちに

 

「なんで、あんたここにいるの?」

 

的な、視線を向けられると
さすがに辛いので、
人がいないときを見計らって
さっと、取って
レジへ向かいます。

 

なお、レジの店員が
女性の時は
それはそれで、
ちょっとはずかしいです。

 

また、さらに余談ですが、
「an-an」で一番売れるのは
「SEX特集」の号です(笑)

 

女性には「カワイイ」を見つける

 

 

本書では
外さないネタとして、
「女性にはカワイイを見つける」
と指南しています。

 

女性はなんだかんだ言って
カワイイものが好きです。

 

カワイイものに囲まれていたい
と常々思っていますから、
身に着けるものも
カワイイかどうかの基準で
購入してるわけです。

 

そこに、その女性なりの
こだわりが表れている
ともいえます。

 

ですから、その
こだわりをホメてあげると
例外なく女性は喜びますよ。
なお、逆にマイナスなのは
すぐに女性の身体的特徴を
ホメる人です。

 

とくに、美人な女性ほど
外見をほめられることには
慣れっこですので、
全然響きません。

 

でも、そういう
人気者の女性でも
「センス」をホメられると
嬉しいものなんですね。

 

ですから、
彼女のこだわりが表れてる
「カワイイ」ものに気付いて
あげましょう。

 

そうすれば、自分のお気に入りの
アイテムのことを
自然と話しだすので
こちらはそれを
聞いてあげるだけで
会話が続きます。

 

会話が苦手な人ほど
女性に喋らせるテクニックを
持っておくと、
楽ができるので、
そういう意味でも
この方法はおススメです。

 

まとめ

 

さて、いかがでしたか?
今回は、
デート中会話つまらない!』と
言われないための心得」と題して、
面白い男になるヒントを
いくつかお伝えしました。

 

なお、意外かもしれませんが、
女性は面白いと感じる
男性に対して、
セクシーさを感じるものです。

 

面白いと思わせるには
高度なトーク技術が必要と
思われています。

 

で、それができると言うことが、
「頭の回転が速い」という解釈
につながるんですね。
女性は、本質的に

 

・背の高い人
・強そうな人
・頭のいい人

 

に、惹かれる生き物なので、
面白い会話ができるようになると
恋愛における
成功確率もぐんと上がります。

 

是非、このブログで
モテる会話術
磨いていきましょうね。